ポリシー

より有利なイメージの伝達
人間がそれぞれに抱く「イメージ」は、その87%が視覚情報によって決められるという調査結果があります。
それは良いビジュアルを発信する企業や団体が、凡庸なビジュアルの競合よりもより有利にたてるという事であり、また凡庸なビジュアルの発信が大きな損失につながる事を示しています。

「看板」はこのイメージの形成においてとても大きな役割を担っています。
そんな事は言われなくても当然だとお思いの方も多いとは思いますが、世の中には凡庸な(またはそれ以下)な看板のせいで貴重な新規顧客の獲得機会を逃しているケースが多いのが現状なのです。
「何が売りなのかが分からない」「興味を抱かれない」「お店に入りにくい」ひどいものでは「何のお店か分からない」などその要因は様々ですが、中には非常に良い商品・サービスを持っているのに全く繁盛していないお店もあるのではないでしょうか。
そういう看板を見るにつけ「もったいない気持ち」で胸がいっぱいになります。

これを読まれている方の看板は、果たして「良いイメージ」を発信してますか?

看板・サインのあるべき効果

看板は、いわば企業や店舗の「セールスマン」です。
商品やサービスの内容、セールスポイントを的確に説明し、新規のお客様を誘導するだけでなく、お客様に覚えてもらい口コミを誘発するための目印となります。

例えば、上品で可愛らしい看板の喫茶店と、手入れもされてなく清潔感を感じられない看板の喫茶店ではどちらに「ちょっと入ってみようか」という気になるでしょうか。
店構えやサービス内容にも左右されるでしょうが、間違いなく看板のきれいな方に惹かれると思います。

店舗や建物の前を通る人は皆「見込み客」です。
この「見込み客」をいかにこちら側に誘導出来るか、プランニング・ウミはお客様と共にこの方法を導きだすお手伝いを致します。

プランニング・ウミのサインソリューション
看板もトータルコンサルタントの時代です。
すぐれた看板を活かすためのポスターやショップカード、メニューカードや各種ステーショナリー、販促什器・・・。
これらを全てお店や企業の「あるべき方向性」に合わせて取り揃える事は、「イメージの発信」において非常に重要です。

プランニング・ウミはお客様からのご依頼を細かく把握し、どの様なカタチを作れば良いかをトータルでご提案いたします。

また多様化するお客様のニーズにお応えすべく常にチャレンジし続け、お客様により便利で付加価値の高い製品をご提供しております。

看板だけでなく、販売促進に関して迷われている件がありましたら、ぜひメール等でお気軽にお問い合わせ下さい。